広島県、株式会社Laugh(ラフ)は"笑顔"を大切に安心・安全な食事をご提供し、医療、福祉施設づくりに貢献します。

トップページ

ごあいさつ

安心・安全

サービス紹介

よくある質問

会社案内

採用情報

お問合わせ

新着情報

イベント・行事

広島企業紹介リンク集
コチラをクリック

無料サイト登録
 
 
 

新型コロナウィルス対策・・・弊社では以下の通り、レベル1・レベル2に段階を分けて新型コロナウィルス感染予防対策を行っております。2020年4月20日

新型コロナウイルス 会社内感染防止(緊急)対策
感染防止策 レベル1
※直ちに講じる策

①感染経路を断つこと  ②衛生管理を徹底すること  ③免疫力を高めること

《全スタッフで取り組むこと》
衛生管理の徹底
□出勤時や調理の前後、食事前など、こまめな手洗い・アルコール消毒を行うこと。
□厨房に来られる外部の業者の方にも、手洗い・アルコール消毒・マスク着用の徹底を引き続きお願
いすること。
□とにかく無理をせず、体調が悪い場合は早めに休むようにする。少しでも違和感あればすぐにスタッフに相談し、シフトの交代をすること。
□十分な睡眠とバランスのとれた食事、簡単な運動を心がけ、免疫力・抵抗力の低下防止に努めること。

出勤前の体温測定
□37.5度以上の熱があった場合、出勤せず至急、上司に電話にて連絡すること。
□同居の家族等日常で接触した人が濃厚接触者に該当する場合、上司に報告すること。
□十分な睡眠と栄養、簡単な運動を心がけ、免疫力・抵抗力の低下防止に努めること。

通勤・休日での外出
□出勤時は直行・直帰をすること。
□外出時も必ずマスクの着用を行うこと。
□休日の不要不急(先延ばししても問題ない)の外出はしないこと。
□移動手段はなるべく公共交通機関を使わないようにすること。

会議
□スタッフ同士が可能な限り距離をとること。
□文書連絡で済むことは文書連絡に変更すること。

《現場スタッフが取り組むこと》
外部の方との接触
□厨房に来られる外部の業者の方にも、手洗い・アルコール消毒・マスク着用の徹底を引き続きお願いすること。
□施設⇔厨房間の扉の前にアルコールを設置し、配膳・下膳から厨房内に戻る際、手指のアルコール消毒を行うこと。また厨房内に入り次第、手洗い・アルコール消毒を行うこと。
□施設様との接触をなるべく避けるため、給食会議やイベントの実施は施設様に相談の上、検討を行っておくこと。
□ダブルワークをしている方は氏名・会社名を報告すること。

スタッフルーム・更衣室の使用
□2名以上が一緒に休憩等でスタッフルームを使用しないこと。
□更衣室は換気扇をまわし、更衣室内(密閉空間)で挨拶以外の会話はしないこと。
□スタッフルーム及び更衣室は常に換気扇をまわしておくこと。

《事務所スタッフが取り組むこと》
外部の方との接触
□事務所に来られる外部の方にも、アルコール消毒・マスクの着用をお願いすること。
□3時間に1回以上の換気をおこなう。
□ラフ取引業者よりコロナウイルス感染者が出た場合、速やかにご連絡いただけるよう指示

ラフスタッフの体調管理
時間差出勤の導入準備
ディスポ容器・備蓄の導入準備

      

感染防止策 レベル2
※ラフスタッフ・施設様スタッフより感染者・濃厚接触者が発生した場合
《ラフスタッフ(スタッフの同居家族)にコロナウイルス感染者が発生した場合》

    報告・連絡

リーダーはすみやかに会社へ連絡を行うこと。
その旨を保健所に報告し対応について指導を受けること。
状況を確認の上、すみやかに施設様へ報告し対応について連絡すること。               (当該施設のみならず、ラフ受託全施設)
過去2週間に濃厚接触した可能性のあるスタッフは全員出勤を控え、本人及び家族(同居)の発熱の有無を確認すること。(自宅待機・14日間)

    翌日以降のお食事の提供

①お弁当に切り替える。
②保健所の指導に基づき施設様厨房の消毒を行い、翌々日より別のスタッフにて提供を再開する。
③備蓄食品より施設職員様によって調理提供して頂く。(備蓄献立のご提案)
*施設様と事前打ち合わせを行う。

    《施設様スタッフがにコロナウイルス感染者が発生した場合》

    報告・連絡

施設様よりご連絡頂き次第、翌日からの食事提供について施設様の指示のもと行うこと。
該当施設に勤務しているスタッフのうち濃厚接触者に該当するものは出勤を控えること。(自宅待機・14日間)
施設との接触を断つこと。※下膳場所など事前打ち合わせをしておくこと
濃厚接触に該当しないスタッフは、翌日からの食事提供の準備の勤務に切り替える。

    翌日以降のお食事の提供

施設への入室ができなくなる場合、次の日よりお弁当に切り替える。
朝食は非常事態の体制として、前日の夕食と一緒に届けさせて頂く。(例:菓子パン・バナナ・ヨーグルト)
ディスポ容器を使用して提供を行い、施設様に破棄して頂く。
*施設様と事前打ち合わせを行う。(備蓄食やディスポ食器の料金についても要相談)

    《施設利用者様にコロナウイルス感染者が発生した場合》

    報告・連絡

施設様よりご連絡頂き次第、翌日からの食事提供について施設様の指示のもと行うこと。
該当施設に勤務しているスタッフのうち濃厚接触者に該当するものは出勤を控えること。(自宅待機・14日間)

    翌日以降のお食事の提供

厨房内のみ使用が可能な場合は提供を継続する。 
厨房の使用も出来ない場合、次の日よりお弁当に切り替える。
朝食は非常事態の体制として、前日の夕食と一緒に届けさせて頂く。(例:菓子パン・バナナ・ヨーグルト)
ディスポ容器を使用して提供を行い、施設様に破棄して頂く。
*施設様と事前打ち合わせを行う。(備蓄食やディスポ食器の料金についても要相談)

   ※原則として、2週間以上新たな感染者が発生していない場合、【感染防止策 レベル1】に戻す

広島県、株式会社Laugh(ラフ)は"笑顔"を大切に安心・安全な食事をご提供し、医療、福祉施設づくりに貢献します。
株式会社Laugh(ラフ)
ご相談・お問合わせはコチラ 電話:082-533-8533
〒733-0013 広島県広島市西区横川新町6-8
TEL 082-533-8533
FAX 082-533-8511
JR横川駅より徒歩、約3分
地図はコチラ

このサイトにおける画像・文章などを無断でコピー、使用、転載することを禁じます。 (C)株式会社Laugh